Home 過去の公演 6回目公演「ピンポン、のような」[2003]

2003年9月19日(金)~9月23日(火・祝)

会場: 王子小劇場
集客実績: 214人

木曽路にあるうらぶれた旅館の、卓球台が一台あるだけの寂しい娯楽室を舞台にした一幕の喜劇。だいたいおばかな会話がつづくお話。未練を残すような恋愛をすると、幽霊にとりつかれてしまうというこの旅館で、鉢合わせしてしまった四角関係の行く末は、卓球台だけが知っている。かもしれない。


作・演出 黒澤世莉
出演 川根有子 池田ヒロユキ 中野架奈 黒岩三佳 篠本美帆(チーム下剋上)
    村山泰子 宮田和美 黒澤世莉

スタッフ 照明/玉山悟 制作/小山順子

会場 王子小劇場
    〒114-0002 東京都北区王子1-14-4 BF1
    03-3911-8259
    JR京浜東北線・営団地下鉄南北線・都電荒川線「王子駅」
    地下鉄4番出口を出て直進、「一本堂」という薬屋の少し先、
   「鑑定倶楽部」というお店の地下です。徒歩約3分。

日時 開場は開演の30分前です。
    19日(金) 19:30
    20日(土) 19:30
    21日(日) 19:30
    22日(月) 19:30
    23日(火・祝) 14:30

チケット取扱 時間堂 090-6306-6268  このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい
          *9月18日以降は03-3911-8142

自由席  当日2,500円 / 前売2,000円
学生割引 当日/前売 1,500円 (学生証の提示をお願いいたします)

協力 王子小劇場 多苗尚志 小川淳 佐野みかげ 遠山浩司 野坂実 柴崎ひとみ チーム下剋上 国民デパリ クロカミショウネン18 長谷川ちえ アキヨシタカミチ 進藤絵理 さかあがり突子 安田有希子

制作 黒澤世莉 時間堂


ものがたり

「卓球、やろうよ」

 木曽路のはずれにある、伝統があるというよりは漫然と200年続いてしまった、という感が強い、とある旅館。ある秋の夜、この数日続いている雨に退屈した学生が、今は利用されていない娯楽室に忍び込む。

「お、卓球台」
「ていうか、卓球台しかない?」

 そこは娯楽室とは名ばかりの、卓球台がつくねんとある殺風景な空間だった。

「あの話、なんかリアルだったよね、仲居さんの」
「けっこう有名、このあたりでは」

 大学生の一人は、仲居から先ほど聞いた、この旅館に伝わる怪談を信じ怯えていた。

「あんたバイトだって言ってたじゃない」
「ウソよ。見りゃわかるでしょ」

 偶然いあわせた友人カップルと卓球を楽しんでいると、急に停電がおこる。再び電気がつくと、卓球台にはなぜか、5つの大福が。

「いただきます」
「食うのかよ」

 そして突如現れた、人気女流作家。

「ちょっと、考え事がしたいんだけど、一人にしてもらえないかな」
「こんなところであえるなんて感激です! ずっとファンです!」

 幽霊伝説が残る旅館を舞台に、おばかな笑いとうまくいかない恋愛を描く、時間堂6回目公演。

「あれ、J文学?」
「それ恥ずかしいからやめて、絶対言わないで」
「ワシオさんて江川さんの彼氏ですよね?」
「脅迫っていうのよ、それ」
「どういう嫌がらせだよ」
「そういうこと言ってるんじゃないでしょ、バカ? あなた」
「じゃ、こうしましょう。卓球で決着をつける」

「久しぶりに笑ってる君を見られて、よかった」


ピンポン、のような


 2003年9月19日(金)より23日(火・祝)まで、王子小劇場にて。
 乞うご期待。

「もっと、ラケットは45度で振ったほうがいいです」



みどころ

前作から「びょういんのパズル」2年1ヶ月ぶりの公演「ピンポン、のような」のみどころをお伝えします。文責は時間堂堂主、黒澤世莉。

出演者
 ユニットの素敵なところは、毎回台本の色に合わせて最適な俳優さんにお願いできるところです。今回も稽古をはじめてすぐにキャスティングが成功したなとわかって、演出家としてはとっても楽しいです。


 U子一人芝居などで活躍している「門仲の女」、川根有子。実に芸達者。
 reset-Nやリュカやなどに出演している「人形使い」、池田ヒロユキ。こういう味を求めてました。ダメ男をやっても憎めない、魅力的な人です。
 前作「びょういんのパズル」では看護士を演じ人気者になり、頭に乗って時間堂の美人ボイン担当を自称する、中野架奈。バカやらせると実に素敵です。
 「白痴」という言葉を言わせたら日本一上手い、黒岩三佳。とにかく声が素敵で、本当はかわいい、嫌な女をやってもらいます。
 今回唯一劇団に所属している、「チーム下剋上」の裏看板、噂では「モツ」と呼ばれている、篠本美帆。普通の女の子をやるのは4年ぶり、だそうです。普通の女の子かなあ。へー。
 最後に、時間堂ワークショップ出身の秘密兵器、村山泰子宮田和美。泰子さんには一見かわいいんだけど怖い女を、和美さんには活動的なんだけど実はしょんぼりしやすい女を演じていただきます。
 あと、黒澤世莉もでます。

スタッフワーク
 今回はスタッフワーク、ほぼゼロです。照明はデザインを玉山悟にお願いしますが、あとは全部黒澤世莉がやります。音響に関してはなんにもないです。だって必要ないんだもの。舞台美術と呼べるものは卓球台くらいしかないでしょう。いつもに輪をかけて簡素な舞台になります。
 衣装は全員和服です。必然的に。

黒澤世莉
 時間堂堂主、黒澤世莉。オーストラリアから帰ってきて一本目の作品になります。オーストラリアでの生活やワークショップに参加したことで、成長はしています。でも本質的には変化していません。どれほど変わっているのか、また変わっていないのか。劇場で確かめてください。


いただいた感想

・10代のお客様
-10代女性
温泉でピンポンをしたくなりました。

-10代女性
今私たちが指導されているお芝居とは全然違って、こんなシンプルなお芝居もあるんだなあと、結構気に入ってしまいました。観た後、なんだかのほほんしてました。

・20代のお客様
-20代 女性
全体を通してテンポもよかったし面白かった。「ピンポン」を使った設定とかも暗転多用したりとかも良かったと思うけど、個人的にもっとパンチのきいた落ちがあるのかと思ってたから、肩スカシをくらった感があるけど…

-20代 男性
ツグミさんならびにスズメさんの絶妙な性格の悪さがなんとも。もう少し先まで描いて頂きたかったです。びょういんのパズルから2年も経つのですね。次回公演を楽しみにしています。

-20代 女性
とても面白かったです。人物もリアルな描き方が出来てたと思います。特に女性の心情が上手に表現されてたなと思いました。

-20代 女性
はかないかんじですね。いつも。

-20代 男性
けっこう笑えました。力量のない役者の演技じゃ笑わないからね。しかし、この劇場で設備フルに使って、大道具たっぷりにして芝居を見てみたい気がします。

-20代 女性
リラックスしてみるぶんにはよろし。ワンドリンク付く時点で「気楽にみて下さい」のメッセージをかんじたのでそうさせてもらいましたけど私は。つっこみがよいです。台詞も言う人も。

-20代 男性
初めてですが、面白かったです。アンケートも久々に書きました。

-20代 男性
最初ちょっと見られなかったのですが面白かったです。普段目にする舞台と形が違うのが新鮮でした。役者は四方に観客がいるという状態で演じるのは大変だったんじゃないかと思います。

-20代 女性
劇場の形と卓球台がおもしろいすてきなくみあわせにおもわれました。

-20代 男性
酒のめるのいいですねー。楽しーい!

-20代 女性
面白かったです。はじめちょっとかったるいなあと思ったらゼンゼンよかった。いいかんじ。

-20代 男性
卓球台を中心に話が展開されるところはユニークで面白かったです。はじめはソファーの中にかくれているのがユーレイかと思っていましたが、最後は江川チヅルの愛憎劇に発展するとは思いませんでした。クラヤミになるとどんな展開が待っているのだろうというワクワク感がありました。

-20代 女性
最後の4人で卓球をするところを見て、この作品"ピンポン、のような"という題名、とてもステキだと思いました。

-20代 男性
ユル~イ、一幕劇っすねえ。。。狙いにはまりました。でも、背景が分かっただけじゃモノタリン、モ~少し欲しいな。

-20代 女性
もっと長くみていたかったです。

-20代 男性
常に見ながら笑わせていただきました。もう少し話をまとめてほしかった。雨の中王子まで来てよかったとは思います。

-20代 女性
まったり系は初めてみました。まったりしました。こういうのもよいかも。

-20代 男性
シンプルな作りの中にも工夫があり、とても好みでありました。

・30代のお客様
-30代 女性
余計な音も無く、でも虫の声とかがきこえてきそうなムードが素敵だなと思いました。

-30代 男性
いま一つの盛り上がりを期待してしまうのは、作品の感じを壊してしまうのかもしれないが、求めてしまう。

-30代 男性
ところどころセンスの良さが感じられたけれど、全体的にはいまいちかな、と。

-30代 女性
とてもよいスペースの使い方だなと思いました。"奥様"になった気分でみてました。

-30代 女性
あまり内容など聞かずに来たのですが、めっちゃ面白かったです。設定がサイコーでした。

-30代 男性
女性がそれぞれ自分を持っているのに対し男性はちとナイーブですね。妙な空気感は好きです。

-30代 男性
・これはもっと道具たてこんだ舞台でやる芝居と思います。
・しかしみなさん卓球うまいですな。映画ならともかく芝居でこういうのは珍しいと思う。
・あともう1シーン、ほしいとも思うけど、ここで終わるのもいいのかもしれんなあ、と。

-30代 女性
毎回、同じ会場でやるというのはとてもいい事だと思います。

・50代のお客様
-50代 女性
とても楽しめた。観客が若い方ばかりでしたが年配の人も誘ってみたらと思った。

・年齢不明のお客様
-?才 男性
それなりに軽いタッチでそれなりにドロドロで、かーいい娘が性格悪くて人柄よさそーな娘がそのとーりでと、なかなかよいバランスではなかったかと。少しパンチがどっかに足りない気がしたけど。

-?才 女性
面白かったです。楽な気持ちで見れました。

-?才 女性
たまたま昨夜○○(ハダカでゴミにまみれてる)、今日の昼間××(舞踏)を観た後でしたので、ほっとする"演劇"でした! も少し、内容も尺も欲しい気がしましたが、全体に楽しみ、もてなす感じが良かったって偉そうにごめんなさい。

-?才 性別?
見たあと、幸せな気分になりました。

-?才 性別?
ピンポンが最後になにかをつないだのでしょうか。不思議だなあと思いました。おもしろかったです。


© 2017 時間堂


NEWあの作品をお手元へお届けします

脱力の動画日記はこちらです

JTEUNOV1510 LCSD