Home 時間堂について

時間堂について

「すごい、ふつうの演劇。ふつうの、すごい演劇 」


1997年演出家・黒澤世莉のユニットとして設立。2009年劇団化。

マイズナー・テクニックを基礎とし、国内外の古典から書き下ろしまで幅広い演目を「俳優の声と身体と関係性だけでシンプルに立ち上げる」上演スタイルが特長。

2012年、はじめての全国ツアーを実施、以降、全国各地で作品創作・上演やワークショップを行なう。

2014年、東京・赤羽にスタジオ「十色庵」を開設。2016年1月より毎月「時間堂レパートリーシアター」を上演、7月に東京芸術劇場へ進出した後、年内をもって解散することを発表。

2016年末の『ローザ』が最終公演となる。

『衝突と分裂、あるいは融合』で札幌劇場祭TGR2014 特別賞(作品賞)を受賞。

合言葉は「すごい、ふつうの演劇。ふつうの、すごい演劇」 

 

この扉を開けてください

もしかしたら
お腹がねじ切れるくらい大笑いするかもしれないし
宝物を掘り出して涙が止まらなくなるかもしれない

もしかしたら
とんでもなく退屈な思いをして激怒するかもしれないし
何も覚えていられないくらい印象が薄いかもしれない

もしかしたら
見ず知らずの人間と、同じ部屋で同じ時間を過ごして
あなたは危機におちいるかもしれないし
うれしい誤算にみまわれるかもしれない
一緒に観たものを、ほめたりけなしたりできるかもしれない

もちろん、何も起きないかもしれないけれど
あなたが一歩を踏み出せば、その旅ははじまります

この扉を開けるあなたの勇気だけが
手ぶらで行ける、新しい世界への旅券です

時間堂2014 マニフェストに代えて 黒澤世莉 


時間堂2014計画

東京を拠点としている劇団「時間堂」は、「演劇を仕事にする」「日本一の演劇屋さん」という目的を本気で掲げ、2014年に以下の活動を行いました。

・スタジオの所有
・団体の法人化

また、上記ノウハウを外部の方々につたえていくwebを開設しています。今後の活動をリアルタイムで更新していきます。よろしければ御覧ください。

https://note.mu/jikando 
◆時間堂のひとびと

時間堂の劇団員は10名です。

 また、以下のひとが「時間堂の味方」として、運営や公演を手伝ってくれています。

  • 佐伯 風土
  • 山本 恭子
  • 原田 優理子
  • 桜井 さやか
  • 渡邉 守
  • 飯塚 なな子
  • 雨森スウ
  • 畑見亜紀
  • 酒井周太
 
[2016年11月1日現在]
© 2017 時間堂


NEWあの作品をお手元へお届けします

脱力の動画日記はこちらです

JTEUNOV1510 LCSD