Home 時間堂レパートリーシアター 【鈴江俊郎、山下由】5月トークゲストのお知らせ [レパートリーシアター]

【鈴江俊郎、山下由】5月トークゲストのお知らせ [レパートリーシアター]

【鈴江俊郎、山下由】5月トークゲストのお知らせ [レパートリーシアター]

時間堂レパートリーシアターでは、各回上演後にアフタートークを開催しています。作り手とお客様が、飲み物片手にざっくばらんにお話しします。公演情報はこちら

5月13日(金)20:00


『いちごの沈黙。』作家鈴江俊郎さんをゲストにお迎えし、黒澤世莉はじめ時間堂劇団員とトークを行ないます。
 
 
 
時間堂 尾崎冴子の恩師でもある鈴江さんの目に、時間堂版はどう写るのでしょうか。はたしてナンセンスなのかギャグなのかシリアスなのか、突っ込んだお話をお伺いします。お楽しみに。

[鈴江俊郎氏 プロフィール]
office 白ヒ沼 代表
http://shiroinuma.wix.com/shiroinuma
 
大阪府生れ。大学在学中に演劇活動を始める。
1993年ー2007年まで劇団八時半の主宰として京都で活動。
以来、ほぼ全作品の作演出を手がけ、俳優として舞台にも立つ。
関西劇作家の登竜門だったテアトロ・イン・キャビン戯曲賞やOMS戯曲賞だけでなく、
シアターコクーン戯曲賞、岸田國士戯曲賞、文化庁芸術祭賞大賞(演劇部門)など戯曲賞を受賞。
戯曲は英独露インドネシア語に翻訳され海外でも紹介されている。 

5月14日(土)18:00


山下由さんをゲストにお迎えします! 時間堂 國松卓が出演するPityman「けいすけくん地獄」の公演を5月27日〜29日に控えています。十色庵の使い方がずいぶん違うみたいなので、面白いお話がうかがえる予感。

[山下由氏 プロフィール]
山下 由(やました ゆう) 
Pityman 主宰。
http://pityman.jimdo.com/
 
作・演出を担当。1987 年 12 月 16 日生まれ。 
大学卒業後、数々の団体の演出助手経験を経て、オーストラリア・ロンドンへ短期演劇留学をする。 
帰国後、2010 年冬に自身の作品を上演する目的で Pityman を旗揚げ。 
いままでに Pityman では 3 作目以降の作品の脚本、全作品の演出を担当する。 
若手演出家コンクール 2013、2014 にて 優秀賞受賞。 
第三回せんだい短編戯曲賞 最終候補作品ノミネートに「アラル」がある。 
© 2017 時間堂


NEWあの作品をお手元へお届けします

脱力の動画日記はこちらです

JTEUNOV1510 LCSD