Home 時間堂レパートリーシアター 時間堂レパートリーシアター【2016.6】『玄朴と長英』『珍珠奶茶』

時間堂レパートリーシアター【2016.6】『玄朴と長英』『珍珠奶茶』

時間堂レパートリーシアター【2016.6】『玄朴と長英』『珍珠奶茶』

【ネタバレ注意】時間堂レパートリーシアター感想まとめ

毎月、十色庵で演劇を上演する「時間堂レパートリーシアター」、折り返しの半年です。今月は客演二人で、真山青果『玄朴と長英』を上演いたします。今年のレパートリー唯一の初演です。ご期待ください。

●時間堂レパートリーシアター 【2016.6】 
『玄朴と長英』『珍珠奶茶』
 
日程
2016年6月17日(金)・18日(土)
17日(金) 15:00 / 20:00

18日(土) 13:00◎ / 18:00
 
 
 
 
 
 
 
◎・・・小学生以下のお子様もご入場いただけます ※保護者同伴のこと
★開場は60分前/カフェ営業あり
★演劇の上演は60~80分、その後休憩をはさみ、アフタートークは約20分開催します。
★終演後は、ご歓談や交流の場としてしばらくの間会場を開放します。


演目


『玄朴と長英』

作:真山青果 

幕末、シーボルトの元で学んだ伊東玄朴と高野長英。名医として成功した玄朴と、牢を破った長英の再会は、激しい痛みを伴うものだった。真山青果の代表的史劇に、時間堂と縁の深い二人の客演が挑む。男同士の意地の張り合いは、どんな結末を迎えるのか。
 
出演:岩尾祥太朗・西本泰輔

岩尾祥太朗

高校在学中にモデル活動を始め、卒業後はロックバンドに加入、音楽の道を志す。20歳を迎え上京後、芝居の世界に飛び込み、ミュージカルから時代劇、小劇場から商業演劇まで幅広く出演。近年は自身でプロデュースした公演も行っている。主な出演に劇団026、劇団夜想会、TABACCHI。現在、映画・ドラマ方面で活動中。

西本泰輔
高校卒業後、劇団青年座研究所本科に入所。その後、小劇場、商業演劇で活躍。30代前半一時役者活動を休止するが34歳の時劇団レクラム舎に再入団し数々の公演に参加。退団後は舞台・映像問わず精力的に活動中。時間堂「森の別の場所」出演。他、ナカゴー日本のラジオなどの舞台、「ぐるりのこと。」「真田丸」など出演。

『珍珠奶茶』

作:保坂萌

台湾の暑い夏。少年野球の撮影にきたマイと、通訳の陳くんが仲良く『珍珠奶茶』を飲むおはなし。

出演:直江里美・國松卓
(以上、時間堂)

演出:黒澤世莉

料金(ウェルカムドリンク付)

一般 2,000円
U-23 1,000円
中高生 500円
回数券(5枚綴り) 8,000円 ※詳しくはこちら

※6月18日(土)13:00の回のみご入場可
小学生 500円
未就学児 無料

★カルチベートチケットシステムを実施しています★
カルチベートチケットとは、観客がほかの観客のチケット代を肩代わりするシステムです。カルチベートチケットがストックされていれば、無料でご覧いただくことが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

予約

カルテットオンライン(web予約、チケット当日精算専用)
https://www.quartet-online.net/ticket/rt201606 

会場

十色庵 
(東京都北区神谷2‐48‐16 カミヤホワイトハウスB1)
*JR各線赤羽駅から徒歩約12分
東京メトロ南北線志茂駅から徒歩約10分 
 
*時間堂の地図男・菅野貴夫のよく分かる道案内
赤羽編はこちら
志茂編はこちら

スタッフ 

プロデューサー:大森晴香

トークゲスト
時間堂レパートリーシアターでは、各回上演後にアフタートークを開催しています。作り手とお客様が、飲み物片手にざっくばらんにお話しします。公演情報はこちら

6月18日(土)13:00
翻訳家・演出家の青井陽治さんをゲストにお迎えし、黒澤世莉とトークを行ないます。

黒澤は青井さんから、演出者協会のセミナー等で様々なためになるお話を伺っています。多くの方に先輩の知見を共有したく、是非にとお招きしました。真山青果や近代戯曲の魅力に迫ります。お楽しみに。

[青井陽治(あおい ようじ)氏 プロフィール]
翻訳家・演出家。69年劇団四季演劇研究所入所。多数の舞台に出演すると同時に翻訳・訳詞・劇作も行う。76年よりフリー。海外の戯曲やミュージカルの上演を中心に、ミュージカルの創作、新派の演出も。主な翻訳・演出作品に『ラヴ・レターズ』『真夜中のパーティ』『あなたまでの6人』『GODSPELL』『42nd Street』『ヘドウィッグ・アンド・アングリー・インチ』など。 

6月18日(土)18:00
作家・演出家・フォトグラファーの保坂萌さんをゲストにお迎えし、黒澤世莉とトークを行ないます。
 
6月レパートリー短編台本『珍珠奶茶』の作家である保坂さんをお迎えします。ご自身のユニット「ごはん部」で十色庵で公演されていたり、時間堂のフライヤー写真を撮っていただいたり、縁の深い保坂さんともろもろ裏話をお届け。お楽しみに。

[保坂萌(ほさか めぐみ)氏 プロフィール]
作家・演出家・フォトグラファー。
演劇ユニットムシラセ主宰・演劇もたまにやる、ごはん部の部長。
世界的アニメ監督、森本晃司と共に共同執筆、演出した「羊人間012」や
今年注目の映画監督中野量太に脚本を提供するなど、活動は多岐にわたる。
演劇を作りごはんを炊き写真も撮るマルチクリエイター。 

お問い合わせ

時間堂 
WEB http://jikando.com/
E-mail  このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい  
TEL/FAX 03-6454-4308
© 2017 時間堂


NEWあの作品をお手元へお届けします

脱力の動画日記はこちらです

JTEUNOV1510 LCSD