Home 次回公演 最終公演『ローザ』 トークゲスト紹介

最終公演『ローザ』 トークゲスト紹介

最終公演『ローザ』 では、毎回終演後にポストパフォーマンストークを開催します。

ゲストには時間堂にゆかりの深い豪華な皆様がずらり。 

本編と合わせてどうぞお楽しみに。 

 

こちらのページで皆さんのご紹介をさせていただきます。

 

12月21日(水)20:00 

相内唯史氏(インディペンデントシアター 劇場プロデューサー) 

日本屈指のアグレッシブな劇場「インディペンデントシアター」の劇場プロデューサーを務め、全国展開している最強の一人芝居フェスティバル「INDEPENDENT」など、挑戦的でコンセプチュアルな企画を仕掛ける。クリエイターとしても映像・宣伝美術などを中心に活動。仕事に全力を出し、趣味も決して諦めない「止まると死んじゃう生き物」

***** 

別名「時間堂の大阪本部長」である相内さんには、時間堂の活動を地域を超えて支えていただきました。時間堂はインディペンデントシアターで、『ローザ』初演(2012)・『森の別の場所』(2013)・『衝突と分裂、あるいは融合』(2014)を上演、2泊3日で作品発表する「おやつの時間堂 世界の中心で演劇をつくる」(2013)という企画も開催しました。

 

12月22日(木)15:00 

横山拓也氏(劇作家・iaku主宰)

1977年1月21日生。大阪府出身。「消耗しにくい演劇作品」を標榜し、全国各地で再演ツアーを精力的に実施。代表作:「エダニク」、「人の気も知らないで」

*****

横山さんには、時間堂レパートリーシアターに『人の気も知らないで』の台本をご提供いただき、2016年4月のご観劇時にはポストパフォーマンストークにもご参加いただきました。

 

12月22日(木)20:00 

市原幹也氏(演出家・のこされ劇場≡主宰)

のこされ劇場≡主宰。北九州芸術劇場で作品を発表し続けた後、自劇団と地域住民らで民間劇場を立ち上げ、全国規模の演劇フェスティバルや国際交流事業を2013年まで5年間に渡り展開。それらの成果により北九州市市民文化奨励賞受賞。 

***** 

市原さんとは『ローザ』初演時(2012)にえだみつ演劇フェスティバルでフェスティバルディレクターとしてお世話になり、2016年2月のレパートリーシアターin横浜でも会場(長者町アートプラネットChapter2)をお借りしてトークにもご参加いただきました。


12月23日(金祝)14:00 

劇作家女子会。よりお三方 

劇作家女子会。…「死後に戯曲が残る作家に」を目標に集結。メンバーは黒川陽子、坂本鈴、オノマリコ、モスクワカヌ。 貴様いつまで女子でいるつもりだ問題を胸に秘めつつ「女子」と豪語しながら活動する劇作家ユニット

 

坂本鈴(劇作家・劇団だるめしあん代表・劇団劇作家所属)

劇団だるめしあん代表。劇作家女子会リーダー。劇団劇作家所属。「エロでポップ」が合言葉。

黒川陽子(劇作家・劇団劇作家所属) 

2007年、『ハルメリ』で劇作家協会新人戯曲賞受賞。『どっきり地獄』『ロミオ的な人とジュリエット』など中短編戯曲を多数執筆するほか、映像作品の企画、評論文の寄稿、海外戯曲の翻訳など、活動の幅を広げている。 

 

モスクワカヌ(劇作家・遊戯ヱペチカトランデ主宰・劇団劇作家所属)

alt

1984年生まれ。

倫理の必要性がある全体の世界から、ちょっとはみ出した場所を目指した劇作を続ける。

近年は大阪府の高校を中心に、高校演劇のための脚本の書き下ろし等も行っている。

劇団劇作家所属。

*****

劇作家女子会。の皆さんとは、「劇作家女子会!」(2013)を共同開催したほか、十色庵でイベントを開催していただいたり、劇団員が客演としてお呼びいただいたり、坂本さんにはレパートリーシアタープレビュー(2015)にトークゲストとしてご参加いただきました。

また、今回は残念ながらご都合が合いませんでしたが、オノマリコさんには『テヘランでロリータを読む』(2014)台本書き下ろしや、『ローザ』初演(2012)台本協力などでお世話になりました。
 

12月23日(金祝)18:00 

山下由氏(脚本家・演出家・Pityman主宰)

Pityman主宰。作・演出を担当。大学卒業後一年間の演出助手経験を経てオーストラリア、ロンドンへの短期演劇留学をする。帰国後、2010年にPitymanを旗揚げ。3作目以降のすべて作品の作・演出を担当する。 

*****

山下さんには、國松と菅野がPitymanに出演の機会をいただいたり、十色庵で公演していただいたり、2016年5月レパートリーシアターにトークゲストとしてご参加いただいたりしました。

 

12月24日(土)14:00 

小平伸一郎氏(俳優・ケイエムシネマ企画所属

俳優。時間堂の他、直近ではJACROWや風琴工房に出演。時間堂では50代の大学教授やイランの学生、商家の使用人など演じる。黒澤世莉、菅野貴夫とはサッカー仲間。 

*****

小平さんには『廃墟』(2011)『星の結び目』(2011)『テヘランでロリータを読む』(2013)にご出演いただきました。

 

12月25日(日)14:00 

西海石みかさ氏(演出家・ダンサー)

演出家・ダンサー。宮城県在住。2008年「すべての人にアートを」を掲げ、WSや舞台公演を行う「すんぷちょ」を設立。2016年6月まで代表を務める。現在フリー。WS多数実施。

*****

西海石さんとは仙台でワークショップを通じて出会い、『衝突と分裂、あるいは融合』(2014)で仙台キャストとしてご参加いただきました。


黒住尚生氏(『衝突と分裂、あるいは融合』出演者  

1993年大阪府生まれ。関西を中心に客演や演出助手などで活動を始め、2014年東京放浪期間に入り、柿喰う客「たまらんファウスト」、時間堂「衝突と分裂、あるいは融合」に出演。 

*****

黒住さんとは大阪でワークショップを通じて出会い、『衝突と分裂、あるいは融合』(2014)ではツアーキャストとしてご参加いただきました。

 

12月25日(日)18:00 

広田淳一氏(劇作家・演出家・アマヤドリ主宰)

1978年生まれ。神奈川出身。劇作家、演出家、アマヤドリ主宰。主に東京で活動。 

*****

広田さんとは『ローザ』初演時(2012)の福岡プロモーションをご一緒しました。十色庵オープン一周年イベント(2015)では、スタジオ空洞という拠点を持っているというご縁で「城を持ったアーティスト~拠点持ちアーティストの理想と現実」と題したスペシャルトークにもご参加いただきました。 

 

12月26日(月)20:00 

時間堂劇団員 

 

12月27日(火)20:00 

辻村優子氏(俳優・芹川事務所所属

俳優。新しい遊びを発明するのが好きで、それをつかってワークショップを開催したりもしている。ENBUゼミにて月一回継続開催中。

*****

辻村さんには『テヘランでロリータを読む』(2013)にご出演いただいたほか、『ローザ』初演時にはポストパフォーマンストークのゲストとしてご参加いただきました。 

 

12月28日(水)15:00 

谷賢一氏(作家・演出家・翻訳家・DULL-COLORED POP主宰)

DULL-COLORED POP主宰。日英の大学にて演劇学を学んだ後劇団旗揚げ。2013年に訳・演出で小田島雄志翻訳戯曲賞ならびに文化庁芸術祭優秀賞を受賞。近年ではラルビ・シェルカウイやデヴィッド・ルヴォーなど海外演出家とのコラボレーションも多く手がける。 

*****

谷さんには、2007年頃に演出助手として時間堂の活動を支えていただいたほか、黒澤演出のコロブチカ『proof』(2007)の翻訳や4×1h project(2008)の脚本にもご参加いただきました。DULL-COLORED POPには菅野が出演の機会をいただきました。

 

12月28日(水)20:00 

田中圭介氏(演出家・ワークショップファシリテーター・ドラマターグ)

武蔵野音楽大学大学院を修了。演劇・オペラ・ミュージカルなど様々なジャンルの演出を手がけ「身体の景色」では海外の演劇祭にも招聘される。高校演劇サミット・ディレクター。多摩美術大学非常勤講師。

*****

田中さんは「生身ラブプラス」というワークショップを黒澤と共同開発され、時間堂開催の際もファシリテートしていただきました。『星の結び目』(2011)も演出助手としてサポートいただきました。

 

12月29日(木)16:00 

越寛生氏(演出家・脚本家・俳優・(劇)ヤリナゲ主宰)

 

 

1991年千葉県生。国際基督教大学在学中に(劇)ヤリナゲを立ち上げる。デリカシーのなさを武器にした脚本・演出を手掛ける。 

*****

越さんには『ゾーヤ・ペーリツのアパート』(2016)の演出助手としてご参加いただきました。(劇)ヤリナゲには十色庵を使っていただいたり、大森が制作協力としてお世話になりました。 

 

12月29日(木)20:00 

小栗剛氏(脚本家・演出家・俳優・キコ/qui-co.主宰)

演劇グループ「キコ/qui-co.」主宰。近年、ハードコア・メルヘンを銘打った熱狂的なステージが話題。レジェンダリーな作品を連発。

*****

小栗さんにはキコ/qui-co.で黒澤が演出を担当させていただいたり、菅野が出演の機会をいただいたりしました。時間堂に入る前の大森が黒澤・菅野と初めて仕事をともにしたのはキコ/qui-co.の『live forever』(2011)です。  

 

百花亜希氏(俳優・DULL-COLORED POP所属)

俳優。DULL-COLORED POP劇団員。小劇場を中心に活動中。只今、劇団休止中の為、お仕事募集中。

*****

百花さんには『small world's end』(2009)『月並みなはなし』(2010)『廃墟』(2011)にご出演いただきました。  

 

12月30日(金)11:00 

得丸伸二氏(俳優・演出家・文学座所属・TBスタジオ主宰)

 

 

 

文学座所属、TBスタジオ主催。アマチュアシニア向けの演劇教室で40本以上の公演を手掛ける。

*****

得丸さんには「スタジオがご近所」というご縁でお近づきになり、『ゾーヤ・ペーリツのアパート』(2016)にご出演いただきました。十色庵オープン一周年スペシャルトーク、「城を持ったアーティスト~拠点持ちアーティストの理想と現実」(2015)にもご参加いただきました。 

 


渡邊りょう氏(俳優・悪い芝居所属)

悪い芝居 所属。時間堂にはWSに参加、『テヘランでロリータを読む』(2013)に出演。 

 

12月30日(金)16:00 

酒巻誉洋氏(俳優・フォセット・コンシェルジュ所属

群馬県出身の俳優。小劇場を中心に舞台、TV、ラジオドラマなどに出演。時間堂には『廃墟』『星の結び目』などに出演。花を愛でる会の会長を務める。 

*****

酒巻さんには『廃墟』(2011)『星の結び目』(2011)にご出演いただきました。

© 2017 時間堂


NEWあの作品をお手元へお届けします

脱力の動画日記はこちらです

JTEUNOV1510 LCSD