Home 過去の公演 桜の園[2013][利賀 東京]

桜の園[2013][利賀 東京]

【利賀】2013年7月31日(水)/【東京】2013年8月4日(日)

 

わたしのカンでは、日本は遠からず「桜の園」の世界になると思います。
上流階級のラネーフスカヤたちが没落したように、多くの人が貧しくなるでしょう。それは上流階級のはなしではなく、一億総中流と呼ばれたひとびとに起こるでしょう。
しかも、「桜の園」の登場人物たちが自分たち自ら首を絞めているように、一億総中流と呼ばれたひとびと自身が、まるで自殺するように没落への道へ突進していくのだと思います。

「桜の園」はフィクションですが、そのあとのロシアでは革命が起こり、今までとは違う豊かな暮らしが多くの人に提供されました。もちろん共産主義がすべてを解決したわけではなく、新しい時代が来た、それによって資本や技術や食料や住居が増え、いままで最低の生活をしていた人が人間らしく生活できるようになったということです。
いまの日本も一億総中流が瓦解したあと、新しい時代が来る可能性は大いにあると思います。それにむけて芸術家に出来ることは、来るべきうねりにたいして警鐘を鳴らし、十分な準備をさせ、させられなくても狼少年のように吠えて知らせておき、気づいた何人かの人の痛みを軽減させ、新しい時代を迎える準備を進めることです。
「桜の園」は、そういう作品にします。
 (利賀演劇人コンクール2013提出書類より抜粋) 

今の日本は経済的にも政治的にも破滅へ向かっているように見えるが、日本人はそのことに気づいていないか、気づいていても有効な手段を講じられない。
桜の園を日本に、ラネーフスカヤを多くの日本人に重ねあわせて、滅びゆく日本を現前化させる。
「関係性の演劇」を徹底させる。悲劇にも喜劇にもよせすぎない。他人の不幸はこっけいにみえる感覚を、観客と共有できる余裕を持った距離感で現前させる。

作:アントン・チェーホフ Anton Pavlovich CHEKHOV
訳:神西清 Kiyoshi JINZAI
演出:黒澤世莉 Seri KUROSAWA

出演

直江里美 Satomi NAOE

阿波屋鮎美 Ayumi AWAYA

長瀬みなみ Minami NAGASE

【利賀】

利賀演劇人コンクール2013

http://togaconcour.tumblr.com/

■日時

2013年7月31日(水)20:00

■会場

利賀芸術公演 岩舞台

富山県南砺市利賀村上百瀬48

■問い合わせ

(財)舞台芸術財団演劇人会議 利賀演劇人コンクール係

concour@jpaf.or.jp

東京/TEL:03-3445-8010

利賀/TEL:0763-68-2356

 

【東京】

■日時

2013年8月4日(日) 17:00 / 20:00
※受付開始・開場は開演の30分前 / 上演時間は、約45分(予定)

■会場

巣鴨教会

〒170-0005 東京都豊島区南大塚 1-13-8
JR山手線大塚駅より徒歩10分/東京メトロ新大塚駅より徒歩5分

 

スタッフ

舞台監督:黒太剛亮
照明:黒太剛亮
効果:松井美宣・白鳥光治・原西忠佑(東京公演)
ダンス指導:郷間楓子
音楽:黒太剛亮
Web制作:小林タクシー

プロデューサー:大森晴香
主催・企画製作:時間堂


協力(敬称略):

時間堂の味方[=佐伯風土・山本恭子・桜井さやか・原田優理子・辻村優子・菊池佳南・飯塚なな子]
黒猿 シアター風姿花伝


お問い合わせ

時間堂
070-6659-3841
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にして下さい
http://jikando.com
〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷3-19-4 並木ハウス102

時間堂は演劇をつくる団体です。東京を拠点に活動しています。時間堂は演劇を、お客さまと俳優に返します。時間堂は演劇の魅力を、できるだけシンプルに伝えます。

【時間堂= 黒澤世莉・鈴木浩司・菅野貴夫・直江里美・ヒザイミズキ・大森晴香・阿波屋鮎美・長瀬みなみ・松井美宣・雨森スウ】

© 2017 時間堂


NEWあの作品をお手元へお届けします

脱力の動画日記はこちらです

JTEUNOV1510 LCSD