Home ワークショップ 黒澤世莉 協力:演技クラス「俳優のすべて:シーンスタディーをとらえ直す」

黒澤世莉 協力:演技クラス「俳優のすべて:シーンスタディーをとらえ直す」

黒澤世莉が参加する、俳優指導者アソシエーションが主宰する俳優のための演技クラスが開催されます。以下黒澤のコメントです。
「職業俳優のための学びの場としては、日本で一番いいと思います。時間もお金もかかるけど、それ以上に価値のある、しかもあんまり機会がもてないような場 なので、ふるってご参加下さい。今回は北京蝶々の演出もあり、あまり顔を出せないかも知れませんが、なるたけ駆けつけたいと思います。」

 

 

 

シリーズ 俳優のすべて第3回 プロジェクト「シーンスタディをとらえ直す」

シリーズ「俳優のすべて」は俳優に関わる様々の要素をいろいろな角度から検証し、それをもとに勉強会やワークショップ、レクチャー、プロジェクトなどをおこなっていく企画です。

シー ン・スタディとは戯曲から「部分的」に選び出したシーン(場面)を、指導者のもとで俳優達が共に作業し、その戯曲理解と実践への移行を学ぶもの。そのプロ セスが重視されるものであると思います。しかし実際おこなわれているシーンスタディではその目的が曖昧であったり、「演出家の作業(見せるものとしての創 作をする)」が尊ばれる傾向や方向性でおこなわれることが多いのではないでしょうか。

今回のプロジェクトでは、サム・シェパードの戯曲を題材に、1.俳優指導の現場でおこなわれるべきシーン・スタディとは何か、2.指導者は指導を受ける側 を どのように導いていくのか、に焦点を当て8名の俳優とプロジェクト・リーダー(指導者)1名、3名のサポート・インストラクターとの『協働』によって1つ のシーンを2週間かけて作業します。

後半にはそこまでの過程(ワーク・イン・プログレス)の一般公開をおこない、あらためて俳優養成に有効なシーンスタディを探り、検証してみたいと思います。

今回のプロジェクトでは代表でヴォイス・ティーチャーの池内美奈子がリーダー、他3名のメンバーがサポート・インストラクターとなります。

【募集要項】
対象:俳優で全日参加のできる方
年齢:20歳〜40歳位
経験:2年以上俳優としての実技経験のある人
日程:2010年12月10日(金)〜23日(木・祝)
時間:11時〜17時 *12日(日)、19日(日)は休み、
22日(水)はワーク・イン・プログレス一般公開日
場所:森下スタジオ(地下鉄都営新宿線、 都営大江戸線「森下駅」A6出口徒歩5分)
募集人数:8名程度(書類選考有り)
受講料:30,000円

【申込方法】
俳優指導者アソシエーションwebの「問い合わせ先」よりお申し込みください。
お問い合わせ内容の「ワークショップ申込」を選択し、コメント欄に必ず;
1.性別、2.年齢、3.所属、4.電話番号、5.簡単な実技経験
を記入の上、送信してください。

【申込みの締め切り日&事前準備について】
2010年11月15日(月)必着
参加決定者には11月19日(金)までに詳細を連絡いたします。
また、12月10日からのプロジェクト開始前に指定台本を読み込んでいただきますのでご了承ください。

http://asatp.org/

© 2017 時間堂


NEWあの作品をお手元へお届けします

脱力の動画日記はこちらです

JTEUNOV1510 LCSD